休診⽇:⽊曜・⽇曜・祝⽇

TEL 03-5336-0390
完全予約制

当クリニックのこだわり

デジタル化

今や私たちの生活はデジタル化なくしては営む事が出来ません。
歯科医療の世界も決して例外ではなく、多くのデジタル機器が多くのメーカーから発売されています。決して最新が最善ではない側面もあるかもしれません、しかし歯科医療機器に関してはその恩恵が圧倒的に大きいと考えます。ここで私たちのクリニックに導入しているデジタル機器の一部をご紹介致します。

デジタル機器1 
デジタルレントゲン

歯科の治療にレントゲンが必要不可欠なのはその診査・診断の段階から周知のとおりです。また近年は歯科用CTの発展でより細部に渡り精査できるようになりました。平面でしかわからなかった状態が3Dでわかる事は私たち歯科医師に有益な情報となります。しかしレントゲンである限りは被曝と言う問題があります。通常のレントゲンから歯科用CTに至るまでデジタル化する事で、患者様のご負担を最小限に抑えています。

デジタルレントゲン

デジタル機器2 
CAD/CAM

一般工業会では汎用されているCAD/CAMが歯科界にも適応されるようになりました。これはコンピューターに歯型を読み込ませシュミレーションソフト上で製作物を作成し、それを様々な製作物に合わせ材料を削り出して完成させると言う技術です。

CAD/CAM

このメリットとして、

  1. デジタル工程となるため、ヒューマンエラーが減る。これにより製作物が不適合という事態を減らす事ができる。
  2. データが残るため、お口の中の環境が変わらなければ何度でも同じものが製作できる。
  3. 手作業では製作困難だった材料の加工が可能となる。

などが挙げられます。
私たちのクリニックではこのCADマシーンを導入し積極的に利用しています。

デジタル機器3 
歯科用顕微鏡 
動画記録管理システム

『精密治療』でもお話しする歯科用顕微鏡もデジタル機器に該当するのかもしれませんが、ここではその術中の動画の記録管理システムのお話です。歯科用顕微鏡使用時にはその施術を記録しています。動画となる為、そのデータ量は膨大です。私たちのクリニックでは歯科用顕微鏡専門の動画管理システムを導入し保管しています。

歯科用顕微鏡 動画記録管理システム

これにより、

  • 処置後に治療中の様子を実際見ていただく事が出来る
  •       
  • 過去の状態を検索する事も早くなる
  •       
  • 治療時に同様な症例があれば見ていただく事も可能となる

などのメリットがあります。

ほかにも多くのデジタル機器があります。
これからも患者様に有益で、治療の効率化が図れると思われる機器の導入は検討していきたいと思います。

完全予約制

まずはお電話にてご予約ください。

TEL 03-5336-0390